実はこんなに種類があった腕立て伏せ 【後ろ歯一本歯下駄で挑戦オススメ】

トレーニング, 一本歯下駄トレーニング

大胸筋や上腕三頭筋、三角筋を刺激する基本的の腕立て伏せ、

手幅をワイドにするとより大胸筋への刺激が大きくするワイド腕立て伏せ、

手幅をくっつけるぐらいに狭くすると上腕三頭筋への刺激が大きくなるクローズ腕立て伏せ、

この3つの基本を理解していれば多くのオリジナルを生み出せるのが腕立て伏せです。
カタチを少し変えるだけで多くの様々な筋肉を刺激できる腕立て伏せはそれだけで優秀なサーキットトレーニングを完成させることができます。

腕立て伏せといえば腕と大胸筋ですが動画にあるブリッジの様な形で行っているトレーニングでは、背面の強化までカバーしています。

手につけて腕立て伏せを行えば肩周りの強張りが取れ、可動範囲がひろがり肩が軽くなる後ろ歯一本歯下駄MUSASHIでこのブリッジ腕立て伏せをするとどうなるのか是非挑戦してみてください。
この動画は「Calisthenicmovement」様の作品です。




 

こちらの動画の最後の方の跳ねたりするメニューは一本歯下駄GETTAで是非チャレンジしてみてください。
最後のメニューも一本歯下駄シリーズでおこなうことで肩甲骨、肩の柔軟性の向上を目指してください。


一本歯下駄シリーズの詳細は

一本歯下駄MUSASHI