一本歯下駄GETTAで足裏がすぐに痛くなる人のための足裏講座

トレーニング, 一本歯下駄トレーニング

普段から衝撃吸収力の高い靴やシューズを履いている方、へん平足の方の中には、一本歯下駄GETTAをはじめ
一本歯下駄を履いていると足の裏が痛くなってしまい、それを理由に履く機会が減ってしまう方も中にはいます。

スポーツ選手でも昨今は足の裏の能力を結果的に損なうこともある高機能シューズを多用していることもあり、
一般の方々だけでなく日々トレーニングをされているスポーツ選手でもそうした方は結構おられます。

一番の解決策はは一本歯下駄GETTAをはじめ一本歯下駄を履き続けることで改善していき、さらに裸足ランニングや裸足トレーニングをはじめ、
裸足の時間を増やしていくことですが今回はそれ以外の方法を知りたいという方のために

足の裏のための動画をご紹介させていただきます。

 

一本歯下駄を履いて足裏が痛くなるのは足底のアーチが落ちていることで地面からの力を吸収出来にくくなり、衝撃を関節がモロに受けてしまうことが主な要因です。

先ずはそんな足裏の構造についての説明動画をみてみましょう。

 

 

続けて足裏のストレッチ動画になります。

足底を鍛える第一段階、ストレッチ。
タオルやゴムチューブ等でできる簡単なストレッチです。


踵を地面につけ、タオルを足底筋が着いている中足骨にかけます。
タオルやゴムチューブ等を引っ張ってストレッチをかけ、足底筋を伸ばしていきます。
一本歯下駄を履きこなせるようになるまではお風呂上がりにする癖をつけたいストレッチの1つにしていただけたら幸いです!
このストレッチをしっかり行う事で、地面を捉えた時に足底筋がしっかり収縮してくれて、その収縮がパワーを生むことになり、一本歯下駄も無理なくはけるようになります。

ストレッチの次は足裏のトレーニング動画です。

 

足裏トレーニングであるマニュアルレジスタンスはパートナーに足底筋に抵抗を加えてもらい、強化していく事を目的としています。

・まず足の指を真ん中に集めて”グー”の形を作ります。

・パートナーは足の甲側のつま先の方から抵抗をかけ、動かす方は”パー”の形にするように広げます。この時指と指の間もしっかり広げる意識をします。


・次は逆に”パー”の形から”グー”の形にする動きです。抵抗は足底からかけます。
そして最後はパートナーは両方から抵抗をかけ、”グー”、”パー”と連続で動かしていきます。

パートナーがいない時も動かすだけで効果はあります。

 

最後に以下に一本歯下駄GETTAと足裏が関係しているのかもわかる足底筋膜カーフレイズです。

このトレーニングをしてみると

一本歯下駄GETTAは足底筋膜にストレッチをかけた状態で歩く、走る、トレーニングができるアイテムであることがわかるトレーニングかと思います。

 

一本歯下駄GETTAの詳しい説明はこちらをどうぞ

http://pipotore.com/?page_id=741