一本歯下駄GETTAの本領発揮!動物トレーニングライオン編

トレーニング, 一本歯下駄トレーニング, 激選トレ, サッカー, 野球, バスケ, 体幹トレーニング, 動物トレーニング

一本歯下駄を両手につけて、時には両足にもつけて行う動物トレーニングは体幹はもとより多くのインナーマッスルを鍛えることができます!
メニューの中には一本歯下駄で行えば肩周りのインナーマッスルであるローテーターカフ群の筋肉を鍛えながら可動範囲を広げていくものもあり、ボール投げの向上にも役立ちます。

幼少期や小学校低学年の年代ではこの一本歯下駄での動物トレーニングをすることで走り方が変わり、1日で50メートル走のタイムが変わっていきます。
是非運動会前、当日に肩甲骨周り股関節周り、体幹を連動させるこのトレーニングに取り組んでいただきたいです。
今回はその動物トレーニングの中でライオンをモチーフにしたトレーニングの紹介です。
ポイント

・腰の高さと頭の高さを一緒にする

・臀部(おしり)を左右に振りながら4足で歩く

・手首・足首・膝関節を柔らかく使う

 

先ずはこの3点だけを意識して行ってください。動画内では、ライオンでは無い誤った動きの修正の仕方についても説明されていますので、そちらも参考にしてみてください。

[映像は「サカイク編集部」様の作品です]

 

その他の動物の動きもたくさんあります。
今後オリジナルのものも含めて複数紹介していきますが今すぐ他の動物トレーニングもという方は下記動画を参考にしてみてください。
こちらのトレーニングも一本歯下駄GETTAを中心に一本歯下駄を使うとより効果的になります。




一本歯下駄シリーズの詳細は

一本歯下駄MUSASHI