一本歯下駄でもそのまま応用可能、ストレッチポール腕立て伏せ

トレーニング, 一本歯下駄トレーニング, ストレッチポール

楽しみながら体幹トレーニング効果を付け加えることができるストレッチポール腕立て伏せです。

動画にあるように色んなバリエーションをサーキット的に行うのがオススメです。

一本歯下駄を鼻緒に手を通すのではなく全体を手で覆って掴むようにしてそのまま動画のトレーニングを真似してみるのもオススメです。

【準備】
ストレッチポールを2本用意します。

(ストレッチポール、ヨガポール等のフォームローラーや一本歯下駄をお持ちでない方は100円ショップに売っています賞状賞入れの筒を2つ準備すれば代用できます)

【行い方】

横向きに2本並べたストレッチポールの上で腕立て伏せをします。
動画のように腕を片方づつに載せたり、片方はポールの上・片方は地面といった具合にどちらか、もしくは両方をストレッチポールの上に置いて腕立て伏せをします。

ストレッチポールは円形なので、それを支えようと体幹が勝手に機能します。

おススメの方法は、右手と左手を1回づつ交代する方法です。右手は手前、左手は奥で行ったら、次は右手は奥、左手は手前で行います。

※動画は「MuscleWatching」様の作品です。

 
一本歯下駄シリーズの詳細は

一本歯下駄MUSASHI