後ろ歯一本歯下駄で投げたいメディシンボールトレーニング特集

陸上, トレーニング, 一本歯下駄トレーニング, 激選トレ, サッカー, 野球, バスケ, バレーボール, 体幹トレーニング

陸上競技でタイムが急激に伸びていく、選手としてのステージがあがる。

そんな選手のその前の前兆として現れやすいのがメディシンボール投げの飛距離の増加です。

 

メディシンボール投げが強い選手というのは伸びる可能性、進化する可能性が非常に高い選手だといえるのではないかと仮説をたてたくなるほど指導現場での結果とメディシンボールトレーニングの関係は深いです。

やはり、桐生選手をはじめ多くのトップアスリートがタイムの急激な伸びの前にはメディシンボール投げの飛距離の増加がありました。

10秒台前半を経験している選手、150キロのスピードボールを投げる選手へのインタビューからもメディシンボール、逆立ち、懸垂、二重跳び、一本歯下駄といったトレーニングはかなりトップ選手との関係性が深いように思います。

 

それだけトレーニング現場で愛され、ウォーミングアップや補強などで大活躍するメディシンボールですが、そのメディシンボールを使ったエクササイズをまとめた動画が今回ご紹介する動画です。
ひとりでもペアでも行えるので、これからのトレーニングに取り入れてみましょう。

メディシンボールトレーニングやケトルベルといった動作と筋力トレーニングを同時に行えるトレーニングは後ろ歯一本歯下駄や一本歯下駄ラガーマンとの相性が抜群ですので上を目指している方は是非このようなタイプの一本歯下駄を履いて行っていただけたらと思います。

動画では壁を使ったメニューがありますが、メディシンボールを投げつける壁がない際は代わりに4000円前後で販売されている一人用のトランポリンを使って行うのもオススメです。




1.チェストパス・アンド・シャッフル
胸元にボールを構え、壁に当てて横へ移動していきます。ボールの位置や腕の位置変えずに、同じリズムで左右へ動きましょう。

2.セイムサイドローテーショナルスロー
一方の足を前に出し、出した足の反対方向から腰の位置にボールを構えて壁へ放り当てるイメージで投げます。回数を決め、逆方向も行いましょう。

3.オルタナティングサイドローテーションスロー
2番の種目を交互に投げる方向を変えながら行います。素早く方向転換させることが重要です。

4.オーバーヘッドスロー
頭の後ろから両手で持ち、壁へ投げます。足を交互に前に出すとバランスよく鍛えられるでしょう。

5.ハーフニーニングローテーションスロー
2番の種目を膝立ちで行います。腕で投げるのではなく、上半身をフルに使って投げるとよいでしょう。

6.シットアップスロー
ボールを頭の上に設置し、大の字になって寝ます。寝た状態からボールを壁へ投げるときに起き上がりましょう。

7.パートナーロシアンツイスト
ペアになり、横向きになって縦向きで横に座って並びます。股関節から足をあげ、背中を丸めずにボールをパスしていきましょう。ポイントは左右にしっかりと振りかぶって投げることです。

8.スクワットアンドスロー
ボールを持ってスクワットをし、立ちあがるときに一気にジャンプをして上空へボールを押し投げます。スクワットのときにしっかりとしゃがむことが大切です。

9.メディシンボールスラーム
ボールを地面をたたきつけます。全身の力を使ってたたきつけましょう。

10.メディシンボールスラームズバーピー
9番の動作にバーピージャンプを付け加えましょう。全身を鍛えることができます。

11.レインボースラーム
弧を描くように腕を伸ばしボールを頭の上で回します。膝を曲げ、地面にボールをつけて、もう片方も同じように行いましょう。

12.プッシュアップシャッフル
メディシンボールを使って腕立て伏せをします。ボールの上に片方の手を乗せ、腕立て伏せをし、一回ごとにボールを交互に転がして行いましょう。

13.プッシュアップパス
12番の応用です。12番は自分が移動しましたが、今回はボールを転がしてみましょう。

14.ABCプランクス
メディシンボールの上に腕を乗せ、メディシンボールでA・B・Cを書いてみましょう!

15.ロシアンツイスト
座って股関節から足をあげ、左右にボールを移動させます。腹筋をねじるように行いましょう。

16.ウッドチョッパーズ
ボールを持って膝立ちになり、自分の真後ろめがけてボールを回しましょう。このときに立ちながら反対側へボールを移動させます。逆方向も行いましょう。

17.レインボースプリットスクワットジャンプ
腕で弧を描くようにボールを頭の上で回します。下半身はスプリットスクワットを行いましょう。足を交差させるときにボールも移動させましょう。

以上になります。
この中でスピードを高めるものや、シンプルに身体を鍛えるもの、ウォーミングアップで使えるものなど、たくさんの種類がありました。ぜひ取り入れてみましょう!

この映像は「Redefining Strength」様の作品です