一本歯下駄を両手両足につけて行いたい動物の動きクラゲ編

トレーニング, 一本歯下駄トレーニング, 体幹トレーニング, 動物トレーニング

一本歯下駄を両手につけて、時には両足にもつけて行う動物トレーニングは体幹はもとより多くのインナーマッスルを鍛えることができます!

幼少期や小学校低学年の年代ではこの一本歯下駄での動物トレーニングをすることで走り方が変わり、1日で50メートル走のタイムが変わっていきます。

是非運動会前、当日に取り組んでいただきたいトレーニングの一つです。

今回はその動物トレーニングの中でクラゲをモチーフにしたトレーニングの紹介です。
クラゲの動作を真似ることで、股関節の柔軟性や体幹の強化が見込めます。

クラゲの動きは下記のようにおこなってください。
・まず足を大きく横に広げ、前に手をつく。
・姿勢を変えず、手を前→左右どちらか→後ろ、後ろ→左右どちらか→前へと順番に移動する。
・カカトを支点につま先立てながら手を移動する。

股関節と膝関節を左右に大きく回す事で柔軟性のある動きが出来ます。
動物トレーニングのクラゲはウォーミングアップにもハードトレーニングにも活用出来るトレーニングです!