後ろ歯一本歯下駄で絶妙な効果になるお尻のためのブルガリアンスクワット

トレーニング, 一本歯下駄トレーニング

世界一受けたい授業でもテレビの前の方にすぐ取り入れてほしいトレーニングとして紹介された「ブルガリアンスクワット」は後ろ歯一本歯下駄MUSASHIで是非挑戦したいトレーニングの第一候補です。

主に大腿四頭筋・ハムストリングス・大臀筋
補佐的に 内転筋・中臀筋

が鍛えられるブルガリアンスクワットですが

後ろ歯一本歯下駄MUSASHIを履いて行えば筋肉の緊張と脱力が絶妙になされます。

筋トレと「ゆる」的なトレーニングが絶妙に融合できるのが後ろ歯一本歯下駄MUSASHIでのブルガリアンスクワットです。

何よりこの後ろ歯一本歯下駄MUSASHIブルガリアンスクワットを継続すればジーンズを履くのが楽しみになるお尻になること間違いなしです。

男性女性問わずオススメなトレーニングです。

〇行い方
1.背中側にベンチ(椅子)を置く。
2.ベンチ(椅子)に片足のつま先or足の甲をのせる。
3.載せてい方の足(軸足)を太ももが水平になるまで両膝を曲げて膝を落とす。
4.両膝を伸ばして腰を上げる。
5.繰り返し

〇慣れてきたら
・上体を真っ直ぐの状態をキープしましょう。ベンチとの距離が近いほど大腿四頭筋に、遠いほどハムストリングスと臀筋に効果があります。狙いたい筋肉によって距離を使い分けましょう。

〇注意!
どのタイプのスクワットにもいえることですが膝を屈曲させる時に、膝がつま先より前に出ないように注意しましょう。膝の故障につながります。

〇回数
片足10~20回を目安に行いましょう。

動画では手に重りを持っていますが、慣れるまでは自重で行っても効果は高いです!

上級者は後ろ歯一本歯下駄にさらに不安定を足すことができるケトルベルやウオーターバックとの組み合わせがオススメです。

また、ベンチや椅子の代わりにバランスボールを使うとより応用力がアップします。

※動画は「dnszonejp」様の作品です。

 

 

後ろ歯一本歯下駄