陸上トレの定番ホッピングを一本歯下駄で

一本歯下駄トレーニング

ジャンプ×衝撃によって行うプライオメトリックトレーニングは下半身の最大筋力が向上して足首・ひざ関節・股関節を固定できるようになります。

プライオメトリックトレーニングの中でも高強度の「片足ホッピング」をご紹介していきます。
片足ホッピングは、簡単に言うと「片足ケンケン」です。その片足ケンケンで、いかに大きく前に進むかというところが非常に大事になってきます。

前に大きく進むためのポイントをいくつか挙げていきます。

◎接地時間を短く
片足でホッピングしていくので、接地時間が長くなると地面から反発が一切もらえなくなります。
足だけが先行してしまうのではなく、接地する位置を自分の身体の真下になるよう意識してみてください。

◎接地した後はすぐにかかとをお尻の下に
接地後、前に進むときに膝が伸びたままだと、ホッピングの歩幅がなかなか伸びてきません。しっかりとかかとをお尻の下に持ってくることができれば、回転動作になって走動作にも繋がってきます。

◎腕の使い方
真下に下ろすように腕を振り下ろすことで地面の反力を利用するのがポイントです。

 

この映像は「眞鍋 芳明」さまの作品です