京都の3ピースUKロックバンドTHE OPENING CLOUD「得たら捨て」

yugo ogura, musicwork, オススメKYOTOUTA

THE OPENING CLOUD 「得たら捨て」

90年代UKロック直系のギターロックを

京都の若手スリーピースバンドがフルアルバムに閉じ込めた!

 

高校の同級生で集まった京都の音楽好き3人組。

青春時代共に聴いてきた、

OASIS、RADIOHEAD、TRAVIS、COLDPLAYなどの音楽を、

自分たちなりのロックとして表現したかった、

ただそれだけの集団であった。

 

椎名林檎さんのオーケストラアレンジなどを手がける

斎藤ネコ氏が

ストリングスアレンジ、指揮で参加した「得たら捨て」

2008年1stフルアルバム、THE OPENING CLOUDデビューアルバム、

A SCENE WILL BE NEVER SEENに収録。

インディーズの新人としては異例の予算で制作され、

26人編成のオーケストラを導入。

IMG_2821

期待されてたんですね、、、

人生思う様にはいかないもので、

メジャーレーベルほぼ全社、

雑誌、有線、大手出版管理会社、大手イベンター等々

まぁ、それはそれは注目されたプレゼンライブ当日、

メンバーが来ないという大事件が起こりました。

 

それでも、

またチャンスはくる。

今後も、夢溢れる現場を見せていかねばと思う今日この頃です。

 

小倉ユウゴ